戦後高度成長を成し遂げた日本経済ですが最大のピンチといってよいほどの不景気でみなさんの生活も楽ではないと思います。
ですが他の国から見ても物に溢れ裕福な生活が出来る国でもあります。
地球環境を考える現在ですが少し前は省エネという言葉が頻繁に使われ限りあるエネルギーを意識した時代がありました。
そして政治家の方で半そでのスーツを着てアピールするなんてこともありましたね。
全ての内容に関して物を大事に使うという昔ながらの考え方はとてもエコであり地球環境に影響があると言えます。
物を大事にするかたのなかには拘りの素材やデザインを持っており大量生産されたものではなくオーダーメイドの物を持つ人がいます。
オーダーメイドというと高価でお金持ちの人が頼むイメージがありますが決してそうではありません。
大量生産された商品を毎年買う人に対してオーダーメイドした人は一度手に取った物を一生使うという人も多いのです。
日本は世界でも手先が器用で職人と呼ばれるかたがたくさんいます。
ですのでオーダーメイドを扱っている業種がたくさんあります。
印鑑の世界にもオーダーメイドがあります。まさに一生使うものの一つである印鑑に自分の想いを込めてみたり
財産ともいえる純金で作ってみたりと人により違いがありますが大事に使う心掛けがあるのは間違いありません。
靴を見るとその人の性格や人柄が解ると言われるように印鑑も人柄や性格がわかります。
自分の印象を表現する印鑑をみなさんもオーダーメイドしてみませんか。